2014年10月12日
お金の貯まる就職先(2)
転職をして今はっきり感じるのは、新卒の就活や転職時に、
大切な要素として「給与」を確認することです。
私はとくに「給与」という視点が本当になかった。
頑張れば、成果を出せば給与は上がるという幻想の元、
就活では大企業からの内定を辞退し、ITベンチャーに入社しました。

給与の上がらない会社でどれだけ頑張っても給与は上がらない。。。

ブロガーさんの中で若くして多額の貯蓄のある方は、
家賃補助や社宅のある会社に所属、もしくはそうした制度があるので会社を決めた、という人がいます。
「お金の貯まる家計にするには、会社選びの時点から既に勝負は始まっている」
という言葉を見た時には衝撃を受けました。
ただ今の支出もきちっとされているからこその貯蓄額なのでしょう。

住宅手当の他にも簡単に確認できるとすれば、

・平均年齢
・平均年収
 
これが分かればある程度の年収が掴めますよね。
四季報などにも載っており、本屋などでも簡単に確認できます。

私は職業柄、いろんな会社の年収を目にすることがありますが、
最近は「転職の書き込みサイト」にも年収などがはっきり書かれています。
お金の取られるサイトもありますが、自身の生涯年収を決める事なのでしっかりと確認したいもの。
私も学生時代にこんな視点を持っていたらなぁ。。。



応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク



posted by ユーセフ at 10:09 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。