2015年05月24日
ネット社会の恩恵を受けない人々
無題.png

最近、家族とよく連絡を取っています。両親と妹ですが、私とかなり感覚がずれていることに疑問を感じてます。インターネットの恩恵を受けれていないし、そもそも受けようと思っていない。話は一部ですが、そうか、こういうところが違うのだな、と。。。

家族とのお金の話は尽きない
この記事で紹介しましたが、いくつか例を出してみたいと思います。
1)付き合い、が大事で、自分で調べない
両親がみ○ほ証券から購入していた投資信託は!?
ここでも紹介したのですが、両親は何百万という金額を出して、投資信託を購入していたにも関わらず、その手数料などに関しては一向に気にしていませんでした。現在は、私が口うるさく何度も、何度も言ってくるもので、その手数料のばからしさに気づいたいるようです。
自分で調べようと思えば調べれるし、購入できる世の中になっているのに、営業マンの薦めるままに商品を購入してる。
まだまだこうしたものが根強い気はどこかでしています。

2)対面でないと怖い
これは妹との会話の中であった話で、私からすると目からウロコでした。
私:携帯の変更考えてるんだったら、みおふぉんとかも考えたらいいかもよ。
妹:安いのはいいけどね。店舗はないよね?
私:ないよー。
妹:直接話を聞きたいんよ。
私:どして?都会から離れるほど、ネットや店舗なしでも良いと思うけどなぁ。
妹:壊れたとき、めんどくさそうじゃない?
私:なるほど!(゚∇゚;)

そうか、そこが心配なんだな、と改めて気づきました。店舗が近くにある、何かあったら頼ればよい!という安心感を払ってるんだなぁと。保険会社も、証券も、通信キャリアも、その安心感ですか。

私決めました!家族の中の意識改革を行っていきたいと。
折に触れ、少しずつ話してみようと思います。




応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク



posted by ユーセフ at 08:31 | Comment(0) | 貯蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。