2015年08月02日
入院と保険の話
images.jpg

先日、ダブルインカムのインパクトで書いていたのですが、妻の入院時の保険がどれくらい戻ってきたのか改めて確認してみました。

入院日数としては15日間、手術などはなく病院にて絶対安静を言い渡され、病院生活を続けていました。

入金された保険金額は、75,000円です。単純に5,000円/日☓15日という計算で分かりやすい。ただ、病院に出してもらう診断書って高いんですね。費用は7,500円、こんなに取られるの!?という感じでした。

妻が入っている保険はメディケア生命の医療終身保険60日型。保険の内容は以下の通り。おそらくシンプルな内容で最低限の保険です。

・入院時:5,000円/日
・手術 :50,000〜200,000円
  (骨髄移植・放射線治療・先進医療特約等がついています)
・3大疾病、高度障害等:診断確定された時は保険料払込免除

これで年額30,300円。入院や健康のことは金勘定ではないですが、トータルで100万円支払い、いくら戻ってくるのか気になる所。今回は7万5千円を回収したことになるのか。支払額以上に回収するぞ!ってのもおかしな話ですが。。。

今回7万円も返ってきたから良かった、と感じますが、そもそもその返ってきたという感覚がおかしい。だって、元々自分たちが支払ってるんだから当然です。この保険からの保険金が支払額を越えないのであれば、ある口座に毎年貯めて、入院時にその口座から払うほうが本来なら良いはず。ただ妻が保険に入れるほうが安心する、と言うので入りました。

またその後の落とし穴もあり、保険に入る前は真剣に考えているのですが、入ってしまうとその扱いが雑になります。自分がどんな保険に入っていて、どれくらいの支出があるのか、という関心がなくなってしまう。保険という毎年継続して支出のある商品、の怖い部分だなぁと思います。

ちなみに私は保険には入っていません。もし第二子が出来たら、その時は生命保険には入ろうと考えています。



応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク



posted by ユーセフ at 17:30 | Comment(0) | 保険・税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。