2015年09月26日
我家で利用しまくりのサービスが年末に向けて改悪を進めている
imgres.jpg

年末に向けて我家の家計管理に大きく影響するアレコレのサービス改悪や終了が決まっています。新しく何かを見つけないといけないですが、今のところポジティブな変更がないことが辛い所です。

変更があるのは漢方スタイルクラブカード、住信SBIネット銀行、終了がなのはココマネです。私なりの今後の考えを書いておこうと思います。より、こっちのほうが良いよ!というものがあったら教えて下さい!

まずは漢方スタイルクラブカードです。今年、nanacoチャージ時のポイント付与率が下がり、さらに2015年12月以降は、通常のカード利用時の還元率が1.75%から1.5%へ。

nanacoの改悪時は記事にしていました。
漢方スタイルクラブの改悪やSBI-EXE-i新興国株式ファンドなどなど

辛いです。。何も苦労せずにクレジットカードを使うだけで受けれていたサービスがなくなってしまう。私は年間200万円程をクレジットカードで支払っているので、約5,000円分の損になります。それが会社の利益になるわけですから、カード存続の為に仕方が無いと思うしかありません。
そして、次のカード候補がないことも辛い所です。高還元率としてはリクルートカードプラスが挙げられますが、ポイントの使い方に困りそうなので保留です。簡単に現金化出来るならすぐにでもカード変えますけどね。

続いて住信SBIネット銀行の変更
「スマートプログラム(仮称)」の開始のお知らせ

利用状況によって、振込手数料無料の回数やATMの無料利用回数が変更されます。私は一番下のランクなので、振込が無料の回数は1回です。。。今までは3回あったのに。それでも代替サービスとして、大和ネクスト銀行があるので、なんとかOKとしましょう。利便性は悪くなりますが。

※追記2015.11.3
住信SBIネット銀行の件ですが、よくよーくみると私は改悪までひどいところには当たりませんでした。今の状況ですと「ランク3」でした。間違えて読んでいた箇所は以下のところです。

<表:ランクの判定条件>のおそらく前提条件の部分「総預金残高1,000円以上かつ…」、これを「総預金残高1,000円以上かつ…」と認識していました。1,000万円以上なんて、SBIさんもひどいことやるな…と思っていましたが、私の勘違いですね。
ということは、「ATM引出し利用無料手数料」も「他行への振込手数料無料回数」も月7回まで利用できそうです。

最後にココマネのサービス提供終了。。。これが正直一番ショックです。
2011年から続けて利用してきたサービスで、使い勝手も良いですし、入力データの見せ方も非常に分かりやすいです。今後はマネーフォーワードで管理をという人もいますが、資産管理にはいいけれど、家計簿の管理に使えそうなイメージがまだついていません。検討しているのはZAIMというサービスですが、ココマネに比べるともう一つという印象。。。いまさら家計簿難民だなんてと思いながら、今まで以上に利用しやすいサービスなんてないのでしょうか。

サービス終了までに救世主が現れてくれないかな。。。

今後の家庭内での運用を見直す必要がありそうです。



応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク



posted by ユーセフ at 09:54 | Comment(2) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、ココマネ難民です。うきうき家計簿に移行することにしました。ココマネ家計簿に一番似ていますよ。
Posted by 自由気ままな流れ者 at 2015年10月17日 19:44
自由気ままな流れ者さん

コメント有難うございます!私も最終的にうきうき家計簿になりそうです。今月中に整えて、来月からは家族で利用開始したいな、と。入力の手間はありますが、一番支出を把握しやすそうなので。
Posted by ユーセフ at 2015年10月18日 13:14

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。