2015年11月10日
ライフプランを考えるためには、今の会社や仕事が大枠をしめてしまう
images.jpg

私、今とても迷っています。主には仕事の話ですが、今後の身の振り方として、この会社にいるのか、いつか別のところに変わろうとするのか。今の会社でも仕事内容によっては魅力的で良い経験が積めますが、現状そうは進んでおらず、今の体制が今後5年間変わらないのが見えています。今と同じ仕事を5年間続けた時のキャリアを考えた時に、それこそ社外では何も出来なくなってしまいそう。。
どこかで踏ん切りをつける or このままダラダラ会社に居座る、という選択肢を割と短い期間の間で決めないといけません。
ダラダラ会社に居座ったとしても、金払いは良い会社ではありますから、いつか振り返った時に「この選択で良かった」という気はするのですけどね。業務量も責任もそこそこで、定時に会社に帰れて、お金もそこそこで何に満足してないんだって話ですが、私の望む働き方ではないんですよ。もっと今とは違う業務にも関わりたいし、出来るなら海外の案件にも携わりたい。今のうちに出来る経験をしておきたい。それが出来ないなら、多少年収は下がっても、別の会社・仕事を選択することになるかもしれません。

少し前の話になりますが、ダニエル・ピンクという人のモチベーション3.0を読みました。
この本を読んだ後に、一橋大学の守島先生が書いたコラムが非常に面白かったです。

日本にモチベーション3.0が根づかない理由

この中で、若い人が「お金や仕事環境などに対する欲求が強い」という人材退化説に対し、「成長やチャレンジなどの要素が与えられる可能性があまりにも低くなって、もはやそうした要素を求めることさえ諦めてしまい…」という環境退化説という考え方が面白かった。
あー、これ分かる、と。成長やチャレンジないなら、よりお金への欲求や執着が強くなるんだよね、不思議な事に。
私の場合は成長やチャレンジないなら、別の場所に機会を求めるしかなくなってます。まずいぞ、これは。



応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク



posted by ユーセフ at 22:10 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。