2016年05月20日
30歳で寿司にはまりそう
少し前に妻とお寿司を食べに行ったのですが、そのお寿司がとても美味しかったという記事です、笑。

実は私たち夫婦は食べることがめちゃくちゃ好きで、社会人になってから色々なお店に行ってきました。3回そこらのチェーンで飲むなら、1回少しでも良いお店にご飯に行こうという考えですね。「良い物を長く使おう」という考えに似ていると思います。

和食か、洋食かといろいろ調べていましたが、和食がいいね、と。そのまま和食でも良かったですが、せっかくだから寿司食べに行こうとなりました。結果、、、

ザギンでシースー

という選択をしました。

地方では何度かカウンターでお寿司を頂いたことはありますが、江戸前寿司は初めて。そして、銀座という立地は地方出身者の私としては、敷居が高くも感じましたが、予約を取ってお店に伺いました。
不思議ですね、予約をしていますし、こちらは客なのですが、めちゃめちゃ緊張しました、笑。

ランチでしたので11時30分の開店と同時に入店。私達が最初の来店、その後すぐに3組がすぐに入店して、9席のカウンターはほぼ埋まる形に。初めこそ緊張しましたが、お酒の力も借りて徐々に落ち着いて気持ち良い雰囲気に。これは、大将やお店の人の空気感もあるんでしょうね。

ランチコースは5,000円のコースがありましたが、少しビールを飲みたかったので、つまみを頂くことに。
大将から「何にしましょうか?」と聞かれ、初めはビールを飲みたいので「何かお刺身でも頂けますか」と答えた私。どう答えるのが普通なのか分からず、自信なく声が小さくなっていました、笑。おそらく、「ビールの間はつまみを頂けますか」の方が普通なのかもしれませんね。

この最初をどうするかもずっと考えていたのです。最初から日本酒でお寿司にするか、ビールで寿司は合わないよな、とか。結局、ビールを飲みながら、おつまみを食べて、日本酒へ移るタイミングぐらいで、握ってもらうことにしました。

今でも覚えているし、驚いているのは、最初に運んだお寿司の味を舌が覚えているということ。既に1ヶ月程前の話なのですが、昨晩もその味を思い出してしまい、また食べたいなと思うのです。詳しいことは分かりませんが、魚、しゃり、調理の仕方、握り方など色々とあるのでしょうね。あー幸せ。

本当にお世話になりました。

もしお店を知りたい方はご連絡下さい。初心者の方でも入れる、気取らないお店でした。

応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク



posted by ユーセフ at 08:54 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: