2017年09月10日
俺たちは雰囲気で株をやっている
インベスターZという漫画で昨年出てきた言葉ですが、読んだ時に、まさにその通りだなーと思わされましたし、今もそうだなと思っています。

私は配当金を目的に株式投資をしているのですが、優待を目当てにしている人もいます。ただ、結局は購入額を下回ってくると、心中穏やかではないですよね。購入時と株価が同じ価格か、購入時よりも上でないと、その銘柄をずっと持っていることに不安を覚えるはずです。

私が投資を始めたのは2010年頃から。その後はアベノミクスでなんだかんだ日経平均は上がってきていますから、やれ配当金がいくら、やれ優待でこれをもらったで、なんとなくやっていけているのでしょう。配当金や優待をもらっても、株価が購入額を下回っていると、配当金や優待は負け惜しみにしかなりません。また上昇してくるまで、ずっと持ち続けるなら話は別ですけれど。

株は上がるか下がるか私たちには分からない。本当に調べて、自分の実力で儲けを出せる人はいると思いますが、私の読みなんて浅はかなもの。それでもなんとか市場から退場だけはしないようにしたいと思います。








応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク



posted by ユーセフ at 16:53 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: